にゃんべえの遊びのコツ

20代を好き放題に楽しんでいる「にゃんべえ」です。自分が役に立ったことを読者に紹介するブログです。開発中のボードゲームを記事にしたり、経済学についてまとめたり、美味しかったオススメのラーメンをブログにします。

【ボードゲーム】街コロの紹介


こんにちは。にゃんべえです。

 

お正月に友人たちと街コロをしてきました。それについて書きます。

 

 まずはやってきました秋葉原!!f:id:iimak02:20180104154713j:image

目的はもちろんここです。イエローサブマリンです。
f:id:iimak02:20180104154742j:image

イエローサブマリンの8階にはボードゲーム中心のお店があります。

僕はいつもここでボードゲームを購入しています。
f:id:iimak02:20180104154754j:image

 

今回の目当てはこれです「街コロ」です。日本で初めてドイツのボードゲーム大賞を取ったゲームになります。ちなみに3600円でした。
f:id:iimak02:20180104154816j:image

そのままカラオケ屋さんに向かいました。ボードゲームをやれる場所がないのでカラオケ屋さんでフリータイムでボードゲームを行っています。

 

街コロのルールは「カタン」と「ドミニオン」の中間のようなゲームでした。でもカタンほどケンカになったりはしないゲームのようです。3~4人用のゲームです。

また妨害戦略もありますが、それよりも運要素の方が強い印象です。

 

ルールとしては始めに「麦畑」と「パン屋」の2枚のカードを手に持ちます。

f:id:iimak02:20180104154917j:image

カードの上のほうに「麦畑」では1、「パン屋」では2~3といった数字が書いてあります。

自分の番になったらサイコロを振ります。その際に出た目によって手持ちのカードの効果が発揮できます。つまり最初は1がでれば「麦畑」の誰のターンでも銀行から1コインもらうという効果で1コインを入手することができます。パン屋の右下にかいあるのがそのカードを購入するコストです。

 

そしてコインによって様々な効果のあるカードを購入していきます。

買えるカードは全部で15種類です。より強力なカードを手持ちに増やしていき、最終的にランドマークと言われる建造物を最初に4つ作った人の勝ちです。

f:id:iimak02:20180104154849j:image

ランドマークは、駅、ショッピングモール、遊園地、電波塔の4種類それぞれコストがかなり高い。

f:id:iimak02:20180104154907j:image

ゲーム開始前のフィールドはこんな感じです。

f:id:iimak02:20180104154834j:image

ルールの詳細やコツなどの戦術ついては後程まとめていきたいと思います。

ちなみに5ゲームやって全て負けました。

街コロは運要素が高いので必勝法はないと思いますが、初心者でも楽しめるわかりやすい内容になっています。初めてボードゲームをされる方にオススメのボードゲームかもしれません。

 

※終わった後は街コロの反省会をしながらみんなで焼肉を食べて帰りました。
f:id:iimak02:20180104154929j:image

ではまたー。

 

 

 

 

スポンサーリンク