にゃんべえの遊びのコツ

20代を好き放題に楽しんでいる「にゃんべえ」です。自分が役に立ったことを読者に紹介するブログです。開発中のボードゲームを記事にしたり、経済学についてまとめたり、美味しかったオススメのラーメンをブログにします。

【ボードゲーム】新規ボードゲームを紹介②「とりあえずビール!!!」

こんばんは。にゃんべえです。新作のボードゲームを開発中です。

アイデアを出したのでここに書き込んでいきたいと思います。

 

ゲームコンセプト

 今回は居酒屋でちょっと気軽にやるタイプのゲームを作ろうと考えました。

「飲み屋で話題に困った時」や「プライベートって何しているの?」と言われたときにボードゲームをやってるよ!!(開発してる)って言えると良いなーと思ってゲームを考えました。

 

居酒屋で軽いノリで1~2ゲームやると楽しいといったことをコンセプトに開発をしたゲームです。これを商品化して自己紹介代わりにこのゲームができたら良いなって思ってます。

(早くゲーム を完成させてそんな場面のなってみたいものです。)

 

 

居酒屋専用のゲームになりますので、ゲームバランス的にはバッチリではないです。ドイツ製のボードゲームのように緻密なゲームバランスを調整する必要はないのかなと思います。盛り上がり重視のゲームにしようと考えました。(要するにぶっちゃけクソゲーですね。)

 

制作方法としては、今回も壱萬印堂様の小ロット応援オンデマンド印刷パックを使用する予定です。

 

ここからゲーム内容を解説していきます。 

 

ゲーム内容説明

ゲームタイトル「とりあえずビール!!」

○ゲーム概要

ゲーム時間5~10分 居酒屋専用カードゲーム

運:40%

駆け引き:10%

戦略性:0%

ネタ性50%

 

○カード内容 全部で18枚

・ゲーム説明のカード×2(このゲームに使用しない)

・ビールのカード×1(このカードを引いたプレイヤーはお酒を美味しそうに飲みます。)

・枝豆のカード×5

・焼き鳥のカード×5

・唐揚げのカード×5

  

ゲームのルール① (説明文に書く内容①)通常モード

・全てのカードを配ります。ゲームは時計回りに進行します。

・「枝豆」「焼き鳥」「唐揚げ」のどれか一つ選んだ後に、ババ抜き同じようにと左隣の人からカードを引きます。

・選んだカードと同様のカードだった場合、そのカードは捨てます。違った場合はカードを戻します。ただし、ビールのカードを引いた場合はそのカードを手元に加えます。

・ビールのカードを引いたプレイヤーはお酒を一口飲みます。

・カードがなくなった人の負けです。

 

 

ゲームのルール② (説明文に書く内容②)飲ませるためのモード

・全てのカードを配ります。ゲームは時計回りに進行します。

・「枝豆」「焼き鳥」「唐揚げ」のどれか一つ選んだ後に、ババ抜き同じようにと左隣の人からカードを引きます。

・選んだカードと同様のカードだった場合、そのカードは捨てます。違った場合はカードを戻します。ただし、ビールのカードを引いた場合はそのカードを手元に加えます。

・ビールのカードを持っている人はお酒を自分の番が回ってくる度に飲みます。

・カードがなくなった人の負けです。

 

 

これだけです。

 

ゲームバランスの調整

とりあえずビールがジョーカー的なカードになるように調整しました。

また、あえて2種類のゲームを用意しました。通常用とお酒を飲ませる用にしてあります。アルハラにならない程度にお酒を飲ませるのもこのゲームの面白さになるかなと思います。

 

とりあえずこれで良いと思うんですが、現状の問題はゲームバランスの調整をやってくれる人を探すところですかね。

(現在、カードのイラストを作画中です。)

 

進捗したらこの記事に追加していこうと思います。

 

ではまたー。

 

 

 

 

☆現在、読者の方募集中です!気に入っていただけた方は下のボタンをポチっとお願い致します☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク